”なすかも”のつぶやき

障がい福祉に関する地域での取組みや課題?について…つぶやいています。

平成26年度

★学校からのつぶやき

施設入所児童、高校卒業後の生活の場(グループホーム)が少ない。

卒業後も身体機能を改善または維持していける訓練施設がたくさんあったらなぁ。

スクールバスにのれない医ケアの児童の登校を支援してほしい。

療育施設への送迎サービス(親子をのせてくれる)があればいいなぁ。
                         (平成26年3月27
日)

★相談機関からのつぶやき

身体介護の男性のヘルパー不足。

気軽に参加できる(金額等も)プログラム(陶芸など)。

重症心身障がい児の児童発達支援事業(療育含め)、放課後等デイサービスが少ない。

虐待防止法で分離しようとしても、受入施設がない。虐待者を更生できれば戻してもいいような法律に改正してほしい。

他者との関わり方。相手との距離感。人と良好な関係を築く方法を伝えることが難しい。→ガイドヘルパーや集団での行事を利用し、経験してもらうことが方法のひとつかもしれないと考える。
                         (平成26年3月16日)

★相談機関からのつぶやき

障がい者福祉サービス事業所における就労移行サービスが他市にくらべて少ないように思う。

就労継続支援B型利用者(就労移行支援の必要な方々)のアセスメントが進んでいない。
 
精神障がい者を受け入れてくれるグループホームがあればありがたい。

近大病院が移転すると、総合病院はどこに行くのかいいの?市内では・・・?
                         (平成26年3月8日)

★事業所からのつぶやき
 精神障がいに人の事業所、グループホームが増えたらいいな。

医療機関との連携が深まらない。

行動障がいのある障がい者が地域で暮らせるようになってほしい。
                        (平成27年2月23日)
  

★相談機関からのつぶやき
富田林市は車社会だと思うので、訪問や見学の際、駐車スペースの確認をすることが多々あると思います。もしない場合、“どこに停めたらいいのかわからない”“駐車場はどこ?”という時に役立つ駐車場マップみたいなものがあれば、訪問や見学に行きやすくなるのではないかと考えたりします。

医療的ケアが必要な方が利用できる日中活動の場
                        (平成27年2月16日)

★共通機関からのつぶやき

とにかく地域資源が少なすぎる。

支援員の方がすぐにやめたり、移動したりせず、ある一定の期間は継続して働ける、働きたくなる事業所が増えていけば・・・。
                          (平成27年2月8日)

★事業所からのつぶやき

仕事をしていく上でも、まずは基盤となる生活がしっかりとしていないと就業生活が長くは続いていかないという現実があります。よって、複数の機関でひとりの人のいろんな部分をそれぞれの特色を活かしてバックアップしていけたらいいなと思いますが・・・。チーム支援がより本人にとって有効なものとなればいいなと思います。
 
知的障がいのない発達障がいの児童期における二次障がいからくる不登校児に対する受け皿(フリースクール、サロンなど)や支援ネットワーク。
 
親も当事者も高齢化する中で、グループホーム等、親も当事者も安心できる居住の場が少ない。
                         (平成27年1月29日)

★相談機関からのつぶやき

障がい者福祉サービス事業所における就労移行サービスが他市にくらべて少ないように思う。

計画相談が進んでいない。

ショートステイ、グループホームが不足しているため、本人に合ったサービスにつながらない。
                         (平成27年1月22日)

★相談機関からのつぶやき

地域での支援が本当に難しい人っていると思うのに、入所施設が待機者いっぱい。

ショートステイの場所が少ないのではないか。→緊急であっても予約が入っているなどで、利用しにくい状況である。

重症心身障がい児の在宅サービスが不十分(ヘルパー事業所、ショートステイ=あっても、利用開始するまでの手続きに時間がかかる。
2か月前までに要予約など)。
                         (平成27年1月14日)

★相談機関からのつぶやき

福祉的な就労場所として、就労継続支援A型の事業所を富田林市内で!!B型事業所は授産所からの流れが多いようですが、対価として生活できる賃金を得られる事業所を立ち上げてほしいです。

身体障がい2級の方でも利用できる移動支援にあたるようなサービスがあったらいいな(有料でも低価格でも)。

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方が日常活動支援を受けれる施設を増やしてほしいと思います。療育手帳の取得者の施設に比べると少ないと感じています。
                          (平成27年1月7日)

★相談機関からのつぶやき

総合支援法の障がい福祉サービスと介護保険サービスの併給をする場合に介護保険のサービスが優先される。サービスの質が変わってしまうので利用者が困る。

子どもに対する療育の場、発達支援の場が少ない。
 
身体障がいの人が日中に過ごせる場所が少ない。

中途障がいの方への支援
                          (平成27年1月3日)

★相談機関からのつぶやき
障がいをお持ちの方でも、就業し、自立されている方はたくさんおられます。その現実を地域の企業の方々にも知ってもらいたい。まずは、実習などで、彼らの能力を実際に感じてもらえる場を提供してもらえるとありがたいと思います。

発達障がいや高次脳機能障がいに対する地域住民の理解。特に発達障がいに対しては否定的に捉えられがちである。
 
耳の不自由な方(手帳の有無に限らず)が後ろから突然きた自転車が怖いといっておられた。富田林独自で耳マーク(普段から使用できるような)腕章を作成したらどうかなぁ。
                         (平成26年12月24日)

★相談機関からのつぶやき 

精神障がい(病)になる前の予防策がもっとあったらいいな。居場所、行きやすい場所など。精神の人の事業所、グループホームが増えたらいいな。

入所もグループホームも足りないが、どんな人が入所で、どんな人がグループホームなのかも明確にしてほしい。一旦入所して、生活改善を図った方が良いと思われる人でも、グループホーム、単身生活等で自由な暮らしとなり、生活が安定しないことがある。入所も必要だと思うのになぁ。

医療的ケアの必要な方やその家族の生活支援をしてくれる事業所が増えていけば・・・(移動支援、ショートステイ、放課後等デイ、などなど)。
                         (平成26年12月17日)

★相談機関からのつぶやき

頭部外傷(主に交通事故)や脳卒中が原因である高次脳機能障がいの方が利用できる社会資源が少ない。

移動支援のヘルパーがなかなか見つからない。夕方の家事援助もなかなか見つからない。ガイドヘルパーが足らない。
 
もっといろいろな事業所があって選べたらいいな。事業所の安定運営、事業内容の多様化、工賃につながる仕事など。送迎付きの事業所を増やしてほしい。
                         (平成26年12月17日)

「富田林市障がい児(者)支援ねっとわーく「来る間」オリジナルグッズができました!!

富田林市障がい者自立支援協議会の関連ネットワーク「富田林市障がい児(者)支援ねっとわーく「来る間」のイメージキャラクター〝バヤシバ”のオリジナルグッズができました。

製作にあたっては、富田林市社会福祉協議会「善意銀行 地域福祉払い出し」を活用させていただきました。ありがとうございます!

クリアファイル マグネットクリップは各200個製作しました。
「来る間」が主催する研修会などに出席いただいた障がい児(者)支援に携わる関係機関に発行するポイントカードのポイントに応じて、バヤシバオリジナルグッズをプレゼントします!!

富田林市障がい児(者)支援ねっとわーく「来る間」オリジナルキャラクターグッズを製作中!

富田林市社会福祉協議会「平成26年度善意銀行地域福祉払い出し」を活用し、「来る間」オリジナルキャラクター”バヤシバ”のグッズを製作しています。「来る間」の研修会などに参加された関係機関にポイントカードを発行しています。ポイントがたまれば、〝バヤシバ”グッズがもらえます(数量に限りがあります。希少価値あるかも・・・。)。

ぼちぼち、つぶやくかも・・・

平成26年2月6日に、富田林市障がい者地域自立支援協議会代表者会議が開かれて、平成26年度の新しい取り組みについて、承認されました(ここは「かも」ではありません・・・)。
地域の課題を地域全体で考えたいと思い、いろいろつぶやいていきたいと思っています。

オリジナルグッズ(クリアファイル)

富田林市障がい者地域自立支援協議会オリジナルグッズです。障がい理解に関するイベントにご参加いただいた人などにお渡ししています!!!(数量限定・・・)

オリジナルグッズ(マスコット付きボールペン)

富田林市障がい者地域自立支援協議会オリジナルグッズです。支援機関相互に連携している証として、研修会等に参加していただいた支援者にお渡ししています!!!(数量限定・・・)

チャレンジ the ばりあふりークイズ
町でよくみかける障がいに関するマークです。マークとマークに合う説明文を読んで線でつなげましょう!
障がい理解って、身近なことから知ること・・・かも

クイズシートは、下記PDFリンクからダウンロードできます。
クイズシートは、下記PDFリンクからダウンロードできます。
250313ばりあふりークイズカード.pdf
PDFファイル 31.3 KB

こたえは・・・
下記のPDFリンクをクリックしてご覧ください。

250313ばりあふりークイズカードこたえ.pdf
PDFファイル 31.4 KB

お問い合わせ

相談支援センターあーる
 TEL: 0721-20-6575

 FAX: 0721-55-3113