”なすかも”のつぶやき

障がい福祉に関する地域での取組みや地域課題?について…つぶやいています。

平成27年度

★相談機関からのつぶやき
相談支援専門員がもっと増えてほしいな。


行動援護、重度訪問介護、同行援護に従事してくれるヘルパーさんが増えてほしいな~
                        (平成27年12月11日

★相談機関からのつぶやき
発達障がい児に対して、療育を実施する機関が欲しい。受け皿がない。

親の会、家族会の集まりの案内の場があれば、教えてほしい。
                        (平成27年12月4日)

★相談機関からのつぶやき
知的障がいのない方、また、知的障がいの軽い方が利用できる(利用しやすい)短期入所、日中系の事業所があればな・・・


知的障がいのない方、また、知的障がいの軽い方が福士事業所の設備を利用して入浴できればな・・・

身体障がい者対象のグループホームがもっと増えてほしい。
                        (平成27年11月27日)

★相談機関からのつぶやき
精神疾患のある人が利用できるグループホームが増えて
ほしい。

39歳以上の引きこもりの人が利用しやすい居場所、支援機関が増えてほしい

精神科に社会的入院されている人が地域で安心して暮らせるよう、社会資源の一層の充実を望みます。
                        (平成27年11月20日)

★相談機関からのつぶやき
休日の支援、ショートステイ、移動支援が少ない。

両親が共働きの家庭が多い中、泊まれるショートステイが増えるとありがたい。

成人の入所施設がない。

卒業後に行くところがない。
                        (平成27年11月13日)

★児童機関からのつぶやき
障がいをもった方が育児をしていくうえで、使えるサービスを充実させてほしい。

発達障がいの子どものための療育の場が近隣で増えてほしい。

質の向上や、土日も実施してほしい(仕事をしている親も相談できるように)。
 
言語療法ができる医療機関を作ってほしい。
                        (平成27年10月20日)

★学校からのつぶやき
なんでも相談室があったらいいな。

デイサービスのようなサービスが、定期的に使えると保護者も働き続けられると思います。

生活介護事業所などの始まるまでの時間や終わってからの時間を増やしていただければ、入所せずに保護者が仕事をしながら家で生活できるのでは?(母子・父子家庭に多い)
  
医療ケアの子どもがショートステイできるところがあったらいいなぁ
                        (平成27年7月10日)
 

★学校からのつぶやき
職場見学、施設見学、職場実習等を体験させてくれる環境づくりサービス。

障がい者(児)の方々が日々生活されていて「ほしい!」と思う用具(日常生活用具)など、スピーディーに作成してもらえるところなどあればいいなぁ~
  
医療ケアの子どもが参加しやすいイベントや場所があれば素敵だと思います。
                        (平成27年7月3日)
 

★学校からのつぶやき
学習意欲の高い子どもが利用できるバリアフリーの学習塾。

土・日・祝日や、地域の子どもとの関わりのある放課後等デイサービス。
  
肢体不自由児の子どもたちが行ける、放課後等デイサービスが富田林市にあったらいいなぁ~
                        (平成27年6月26日)

★学校からのつぶやき
医療ケア児童や重度の子どもたちが、安心して楽しく過ごせるデイサービスやショートステイがあれば、もっと生活が充実するかも・・・
  
 医療ケア児童の入浴サービスの充実(家だと1室つぶれたり、冬は寒いので暖かい部屋で入浴できる施設があるといいな~)。
  
登校の際、学校までの送りがあればいいなぁと思います。医療ケアに対応していると、なおいいなぁと思います。そうなれば、現在訪問籍の生徒でも通学できるようになるかも・・・
                        (平成27年6月19日)

★学校からのつぶやき
通学の保障をしてほしい(保護者の支援止まりになっているので)。
  
 小学部の頃から進路情報にふれる機会を設けてほしい。
  
スクールバスに乗れない医療ケア児童の登校を支援してほしい(母は運転が苦手)。
                        (平成27年6月12日)

★学校からのつぶやき
医療ケア児童にケース会議をもっとやってほしい。
  
デイサービスやショートステイを含めた事業所の情報が入るようなツールや機会があればいいと思います。
  
子どもの未来を想像できるような、保護者の役に立つ情報提供をしてほしい。
                        (平成27年6月5日)

★学校からのつぶやき
障がいのある子どもが登校する時に、移動支援を利用することはできないのか?
  
学校が休みの時に、活用できる事業や居場所はどんなものがあるのか?
 
入所施設はいつも満床で、待機が多いのが現状。すぐの入所は難しい・・・
                        (平成27年5月29日)

★学校からのつぶやき
夫婦とも知的障がいのある家族への子育て支援(子育て、育児、家事の方法を伝える)。
 
どこに相談したらいいのか?→誰もが知っている場所があれば、相談に行きやすいのではないか。
 
ショートステイのサービスが富田林市内にもっとほしい。
                        (平成27年5月24日)

★学校からのつぶやき
放課後等デイサービスやショートステイを含めた、事業所の情報が入るようなツールや機会があればいいと思います。
 
医療的ケアの児童や重度の子どもたちが、安心して楽しく過ごせる放課後等デイサービスやショートステイがあれば、生活がもっと充実するかな???
 
卒業後の支援の充実:放課後等デイサービスのようなサービスが定期的に使えると、保護者も働き続けられると思います。
                        (平成27年5月11日)

★学校からのつぶやき
バス停まで、朝、子どもを送ってほしい。
 
登校の際の学校までの送りがあればいいなと思います。医療的ケアに対応していると、なおいいなぁと思います。
 
肢体不自由の子どもたちが行ける、放課後等デイサービスが富田林にあればいいのになぁ。
                         (平成27年5月8日)

★相談機関からのつぶやき
当事者と当事者家族の高齢化。

発達障がいで悩む方(本人、親子)が気軽に集える場やネットシステムがあるといいなぁ。

グループホームをはじめとする社会資源が不足している。
                        (平成27年5月8日)

お問い合わせ

相談支援センターあーる
 TEL: 0721-20-6575

 FAX: 0721-55-3113