富田林市障がい者地域自立支援協議会あゆみ

地域自立支援協議会のあゆみって?

障がい当事者が抱えるさまざまな思い(ニーズ)や課題は、福祉サービスだけではなく、家族・教育・医療・経済・権利擁護・余暇等と多種多様であり、関係機関の連携(協力)がなければ、障がい当事者を支えていくことは難しいという課題があります。
この課題は、障害者自立支援法がスタートする以前から指摘されており、富田林市では相談支援機関が中心となって、平成14年度から「地域連携」をテーマに、「サービス調整会議」という名称で、関係機関による話し合いが行われてきました。
「サービス調整会議」を重ねる中で、障がい当事者への支援はもちろんのこと、その家族への支援(包括的支援)が重要であることや、必要な時期に適切な支援を受けることができずに、二次的な障がいを併発する事例が多く、二次障がいに至る前に早期に支援すること(予防的支援)が重要であることなど、さまざまな地域課題が見えてきました。
そんな中、平成18年4月から障害者自立支援法(平成25年4月から障害者総合支援法※障害者の日常生活及び生活を総合的に支援するための法律)がスタートし、10月から各自治体は自立支援協議会を設置することになりました。

富田林市では、「サービス調整会議」の積み重ねから見えた地域課題の解決を目指すために、「自立支援協議会のあり方」を検討し、「地域の障がい福祉に関する包括的かつ予防的なシステム(仕組み)づくり」を目標にした「富田林市障がい者地域自立支援協議会」を平成20年度から設置することになりました。

「富田林市障がい者地域自立支援協議会」がスタートし、さまざまな話し合いが行われています。その中で、「めっちゃええやん あなたの暮らしに役立つ~居宅介護事業所情報誌~」などの成果物も生まれています。
「富田林市障がい者地域自立支援協議会」は、今後も地域で生活する障がい当事者やその家族の人々に元気を届けられる「自立支援協議会」を目指します。

お問い合わせ

相談支援センターあーる
 TEL: 0721-20-6575

 FAX: 0721-55-3113